ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2018 年 12 月 19 日)【背後から短刀・前回り受け身】

投稿日:

前回の審査から 33 日目。

背後から短刀を突き付けられたときの対処。

いろいろあるが、オーソドックスなのは転換してからの小手返し。

まずは両手をバンザイして高く上げる。
これによって相手の意識を上に向けると同時に、次の動作への準備ができる。
回る方へ小さく足を出して横移動。
出した足を軸にして転回から転換を連続して行う。
この動作で相手と横並びに。

その際に相手の腕を取り、あとは通常の小手返しと同じ流れ。

無理に手首だけを捻ろうとすると、相手が痛がって腕を無理矢理伸ばしてくる可能性がある。
顔に短刀が当たる可能性もあり、非常に危険。

なので、小手に取ったらまずは相手の肘を身体の方へ押し込むようにする。
脇腹に押し付ける感じ。
それだけで相手のバランスは崩れるので、そうなってから手首を返せばいい。

この状況では絶対に前へ逃げないこと。
離れたら相手は距離を詰めようとするので、そこで刺される危険性がある。
離れない状態のまま、上記のように対処する。

前回り受け身。
どうしても曲がることで悩んでいると、手を付く位置が真正面すぎるとの指摘。
やや前足寄りにしてみたところ、確かに少し改善された。
ただ、それでも曲がるときは曲がる。
まだまだ研究が必要。

未だに肩を打つのはどういうことだ。
折れない腕が不十分なんだろうか。
痛くない受け身が取れるようになりたい。

-稽古メモ
-, , , ,

Translate »

Copyright© ゆるくまじめに合気道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.