ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2019 年 3 月 30 日)【呼吸投げ・天地投げ】

投稿日:2019年3月30日 更新日:

前回の審査から 50 日目。

次の昇級審査までちょうど一週間。
ようやく審査を受けるのに必要な稽古日数に届いた。
まさかこんなギリギリになるとは。
最近は特に稽古に行けないことが多くて、明らかに稽古不足。
どう頑張ってもあと一回しか稽古には行けない。
自主練でどうにかしないといけないのだけど……。
正直厳しいなぁ……。

呼吸投げ。
三級まではお互い座ったままだけど、二級からは途中から相手が立ち上がる形になる。
前回り受け身を取るので、相手との距離が空き、投げた後に膝行で相手に近寄らないといけない。
このとき、焦るからか膝行の形が崩れる。
身体が左右に触れ、膝も充分に上がらない。
相手との距離を完全に詰める必要はないので、焦らず、基本通りの膝行ができるよう注意。

天地投げ。
地をしっかり意識。
天は自分の肘を相手にしっかり近付ける。
初めから投げようとするのではなく、文字通り天に向かって高く上げることを意識する。
無理に投げなくても、しっかり決まれば相手は崩れる。

-稽古メモ
-, ,

Translate »

Copyright© ゆるくまじめに合気道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.