ゆるくまじめに合気道

難しいことはよく分からない。でも合気道は楽しい! そんな非ストイック人間が、日々の稽古で気づいたことや考えていることについて書き連ねます。未経験者や初心者のお役に立てますように。

稽古メモ

合気道稽古メモ(2019 年 5 月 15 日)【基礎の総ざらい】

投稿日:

前回の審査から 1 日目。

本っっっ当に久しぶりの稽古。
4 月の頭に昇級審査を受けて以来だから、1 ヶ月以上も道場から離れていたことになる。

(ちなみに審査には見事合格していて、めでたく二級に昇級。それについてはまた後日)

しかも道場に着いたのは、終了時間の30分前。
ほとんど身体を動かした気がしない。
汗はかいたけど、それほど疲れないまま終わってしまった。

まぁ、身体を馴らすのには良かったかも知れないが……。

僕が参加できたのは最後半の自由稽古の時間だけ。
あまりややこしい技を選んでもうまくできる気がしなかったので、まずは基本的な技を順番にやっていくことに。

入り身投げを正面打ち・片手取り・交差取りの 3 種類。
片手取りの四方投げ(表・裏)。
横面打ちの四方投げ。
突きの小手返し。
両手取りの天地投げ(表・裏)。
両手取りの入り身投げ。
諸手取りの入り身投げ。
諸手取りの二教。
諸手取りの小手返し。
諸手取りの切り返し。

えぇと、大体こんな感じだろうか。
改めて挙げてみたらなかなか多くの技をやっていてちょっと驚いた。

今日はとにかく「ゆっくり、大きく、力を入れずに」だけを意識した。
それでもやっぱり力は入ってしまうし、どうしても縮こまってしまう。

いろいろ忘れているんじゃないかと思ってたけど、心配していたほどひどくはなかった。
意外と基本的な動きは身体が覚えているものだ。
これは一応、過去の稽古の賜物と言えるだろうか。

今後も稽古に行けないことはあるだろうけど、行けた時には時間を有効に使いたい。

-稽古メモ

Translate »

Copyright© ゆるくまじめに合気道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.